百姓日誌

福津農園 Day82 お昼作り、杏、ジャガイモの収穫

6月19日(日)晴れ

早起きして読書。朝ご飯を食べたら鶏の世話へ。水を替えて、農道に生えきたクローバを刈りとって刻む。

終わったら、今日は勉強会をするために団体でこられた方々のお昼を準備する。と言ってもスープだけ。鶏の出汁で煮た野菜スープ。材料は、玉ねぎ、人参、ジャガイモ、ニラ、ニンニク、味付けはシンプルに塩だけ。

出汁をとって肉を外して

ダイちゃんも欲しがっていたので皮と骨をあげる。

勉強会に参加された方々、何人かも手伝ってくれた。

今日は30℃を超える気温だったこともあってダイちゃんも終始テーブルの下へ避難。

先日の雨から今日の晴天、蒸し暑さと火起こしでもう汗だく。

鳥のスープと握ったおにぎりを片手に今日は外でお昼ご飯を頂く。汗をしこたまかいた後に食べたスープとおにぎりの美味しいかったこと。食べたらすぐに昼寝。

午後の作業は杏の収穫。今年初めて実がついたらしく、まさに鈴生りという言葉に相応しいなりかたをしている。

それが終わったら、「開墾」にあるジャガイモの収穫。男爵いもとメークイン。

どこかで見たことのあるようなカタチをした男爵いも。

今年は男爵いもの一部に病気が出ているらしい。小さな小芋がたくさんできているものがあったりした。そんなイモを柿の木の側に捨てに行く途中に咲いていたウコンの花がとても綺麗だった。

イモの収穫をしていると夕方になってきたせいかブヨがウヨウヨ出てきて目の前をブンブン飛んでいる。首を振りながら刺されないように必死の抵抗を試みる。ブヨの猛攻をかいくぐりジャガイモの収穫を終えて畑から退散!

残ったイモは明日天気を見て収穫する。梅雨に入って雨が降り続くとイモが腐ってしまうので雨が降る前に収穫を終えたい。

一日の終りはキャベツの様子観察。鶏糞を与えて2日、何だか大きくなった気がする。青虫も減ってきた、その代わりにカタツムリが出てきた。ナメクジも出てくるらしくまた新たな戦いが始まる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kazuki

サルサLOVER→農業研修生
赤石家のカズです。
2022年3月から農業の研修を開始!
誰かの役に立つかは分からないけど、困ってる自分を助ける。
他のだれかも同じことを思ってるかもしれないと思いながら。

-百姓日誌
-, ,