百姓日誌

福津農園 Day217 山田の家の手伝い、里芋の収穫、鶏を絞める

11月22日(火)晴れ

昨日の夜、歯磨きをしながら外に出ると星が綺麗で急に星空タイムラプスを撮りたくなってYoutubeで撮り方を調べた。カメラのバッテリーが40%くらいしかなくて途中で切れるかもなぁと思いながら田んぼの側に三脚を立てた。時間は10時半、1000枚撮る設定だと4時間くらいかかると表示される。途中で切れるから1:00ころ起きればいいかと思って、目覚ましをセットして寝た。

目覚ましで起きてカメラを回収して朝確認しようと思ってまた朝まで寝た。朝確認するとどうやら途中で止まったか何かしたらしく絵が飛んでいた。写真にモヤも掛かっていたのでレンズが曇ったりもしたかもしれない。今度はカメラを保温しながら撮らないとな。

朝は7:30ころに起きて少し読書をして朝ご飯。今日は山田の家へ手伝いへいくことになっていた。畑になる場所に側溝を掘ってあってそこからでた土を運ぶ作業をした。お昼には戻ってきて昼ご飯を頂いた。

午後、今日は市役所の方が来て話しがあるといことで一緒に話を聞くことになった。新城市と名古屋の藤が丘というところを結ぶバスの荷室を利用して有機農産物を名古屋にあるアンテナショップで売るという企画の話で来たということらしい。

その話を聞き終わったあとは里芋を掘りに行って、収穫したものを洗って乾かしておく。

その後は、妙子さんがこんにゃくを作ってそれを煮るために外で火を炊いて羽釜でお湯を沸かす。明日の豊橋有機農業の会の収穫祭のためのものだ。妻は去年見学に来た時に食べたこんにゃくの味が忘れられないらしく「あのこんにゃくに味噌を付けたのが美味しかった~」と言っていた。

鶏も7羽絞めて毛をむしった。夕ご飯のあと解体する。

今日の作業はここまで。明日は少し早めに出発するので早めに休もう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kazuki

サルサLOVER→農業研修生
赤石家のカズです。
2022年3月から農業の研修を開始!
誰かの役に立つかは分からないけど、困ってる自分を助ける。
他のだれかも同じことを思ってるかもしれないと思いながら。

-百姓日誌
-,