百姓日誌

福津農園 Day222 大豆の脱穀、山田の家の修復の手伝い

11月28日(月)晴れのち雨

今朝は5:00前には目が覚めて遅れて目覚ましがなった。Standartという雑誌を定期購入していた時に登録したメルマガに偶然にもフレンチプレスでのコーヒーの淹れ方が書いてあってその淹れ方を試してみた。

フレンチプレスの説明書には粉を4分間お湯につけたらプレスすると書いている。けれどさっきの淹れ方は5分浸して、上に溜まったコーヒーベットを崩すようにしてスプーンで8回撹拌したらさらに3分、合計8分浸してプレスすると色んな味が出てきて美味しいということが書いてあった。

たしかに4分で淹れた時とまたぜんぜん違う味がする。まぁコーヒーは好みなので愛好家それぞれに楽しみ方は違うだろう。踊りも好み、踊って気持ち良ければOK。見てなんだか感動する、あれこれ並べずとも心が判断するに任せる。

淹れたコーヒーを飲みながら、中動態の世界を読む。

朝ご飯のを頂いて、鶏のお世話へ。水を替えて、緑餌をやり終えたら大豆の脱穀をする。途中で山田の家の手伝いに行くことになり、そちらで一日作業をした。

畑になる場所に置いてある土を運び、小屋の床の古いコンクリの床を機械で壊して、最後は小屋の裏手にある棚を解体して作業を終えた。

妻の方は午前中は脱穀をしてお昼前から雨が降り出してきたので途中で終えて、その後は大豆の選別を夕方まで続けたということだった。

早く起きたせいか、体が疲れたせいか眠くなって夕ご飯まで寝た。そして夕食をすましてまたすぐに寝た。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kazuki

サルサLOVER→農業研修生
赤石家のカズです。
2022年3月から農業の研修を開始!
誰かの役に立つかは分からないけど、困ってる自分を助ける。
他のだれかも同じことを思ってるかもしれないと思いながら。

-百姓日誌
-