百姓日誌

福津農園 Day265 屎尿運び、柿の木の剪定

1月23日(月)雨のち晴れ

朝から小雨がぱらついている。8:00まで読書して朝ごはんを食べたら鶏のお世話へ。それが終わったら、屎尿を運ぶ。まずは玉ねぎへ、次は広畑の草があまり生えていないところへ(野菜も草も鹿に食べられてしまうのであまり生えなくなってきている)、下の畑のキャベツへとせっせと運んでいった。最後は開墾の西側、ここも草があまり生えていないところがある。野菜の育ちもあまり良くなかった。全体的に撒いた。

屎尿を担いで坂を登る。息も上がってきて目の前にぶら下がっている屎尿の香りを目一杯吸い込むことになるけれどいたしかたない。呼吸をしないことには坂を登りきることなんてできない。

全部で10往復くらいして午前中の作業を終えた。今日は緑のパサージュに行こうということで出発。ラパンエパンのパンを目当てに行ったけれど、今日はたくさんお客さんが来たらしく着いた時には残り少なくてお昼ごはんになるようなパンがなかった。かわりキンパランチプレートがあったのそれを注文した。

トラさんのコーヒーも飲みながらお昼を過ごして帰宅。

午後は夕方まで柿の木の剪定。

明日から全国的にかなり冷え込むようだ。しっかり備えて(何を?水道管の凍結とか、道路の凍結とか)寝よう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kazuki

サルサLOVER→農業研修生
赤石家のカズです。
2022年3月から農業の研修を開始!
誰かの役に立つかは分からないけど、困ってる自分を助ける。
他のだれかも同じことを思ってるかもしれないと思いながら。

-百姓日誌
-, ,