百姓日誌

福津農園 Day154 豊橋有機農業の会 朝市 その26

9月9日(金)晴れ

今日は週に一回の朝市へ。

政満さんがお客さんと鶏が卵を産まなくなる原因について話していた。

台風や雨が続いたり、風が強かったりすると卵を生んでも地面が濡れてしまったり、風が強いことでしっかり温めることができなかったして雛が孵らないかららしく、鶏たちは天候を感知して産卵をコントロールしている。

それはそうだよなと、暑すぎても自分自身の命を守らなきゃいけないし卵生んでる場合じゃない!ってなるよな。家畜となった鶏とはいえ野生の本能が残っていてそれに従って今も生きていることを再確認した。

そんな感じで、あまり食べないミョウガの食べ方を聞かれ困惑して政満さんに助けを求めたりしながら、今日もお客さんとの話しを楽しみながら朝市を終えた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kazuki

サルサLOVER→農業研修生
赤石家のカズです。
2022年3月から農業の研修を開始!
誰かの役に立つかは分からないけど、困ってる自分を助ける。
他のだれかも同じことを思ってるかもしれないと思いながら。

-百姓日誌
-