百姓日誌

福津農園 Day166 豊橋有機農業の会 その28

9月23日(金)雨

今朝は早めの起床。時間は5:30、ドリップパックのコーヒーを淹れて読書。興味はいろんな方向に広がって気になった本を読んでみている。ふと自分の育った街のことを考えたとき「原子力発電」というもののことを漠然としか分かってないなという思いになった。原子力発電所が実際にあるわけではないけれど、それに関わる施設が隣の地域にある。原発推進、反原発、それを理解するためにも原子力発電というものがどういうものなのかを知っておく必要はあるよなと思って、何冊か本を買ってみた。その一冊を読み始めた。

朝ごはんを済ませたら、雨が降りしきるなか、持っていくコンテナを政満さんの車に積み込んで、一足先に自分たちの車で朝一へ出発。今日は雨で道路が混むだろうなと思っていたら思いの外スイスイ進んで「なんでかな?」と思ったら今日は祝日で通勤ラッシュがなかったのだ。

いつもよりも少し早めについて荷物を下ろして、待ち受けるお客さんの波をかき分けながらコンテナを並べていく。次に待っているのは各々戦利品を手にしたお客さん達だ。頭の中で足し算をしながら、間違っていたらお客さんに訂正してもらいながら、会計はスムーズに進んでいく。間違いは許容されている。不思議な場所だ。

今日は栗とポポーが今季初お目見え。栗もあという間になくなった。ポポーは他のお客さんに「畑のプリン」って言われてるんですよ~と説明してるとそれを聞いて私も食べてみようかしらと買っていってくれる人が何人かいた。「あポポーだ」と言って知っている人は美味しいことを知っっているらしく買っていってくれる。

今日は3連休の初日、でも台風の影響せいか朝一にはお客さんがいつもりも多くいるように見えた。色んな人が来てくれたからか時間もあっという間に過ぎて終わりの時間になった。

終わったあとはお昼ごはんを食べて、食後のコーヒーをということで「so good coffee & bake」へ。

美味しいケーキや焼き菓子が食べられて、うんコーヒーも悪くない。何よりケーキやタルト、おやつ類が充実していた。

お店に入る前から大雨だったけど、帰るときにも変わらず大雨。農園へと車を走らせ帰った。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kazuki

サルサLOVER→農業研修生
赤石家のカズです。
2022年3月から農業の研修を開始!
誰かの役に立つかは分からないけど、困ってる自分を助ける。
他のだれかも同じことを思ってるかもしれないと思いながら。

-百姓日誌
-,