百姓日誌

福津農園 Day177 銀杏洗い、収穫

10月6日(木)雨

朝から雨が降っている。そして寒い。今朝もサルサソースを書き進めた。

朝ごはんを頂いたら、鶏のお世話へ。水を替えて、昨日取っておいたツユクサを鶏たちにあげていく。雨も降っているしでササッと作業をしていく。

それが終わったら、銀杏を洗いに行く。今日は朝市の準備をしていくけれど野菜がほとんどなくて、午前中は余裕がある。ということで銀杏を3コンテナ分もって「山田」へ。

3人で洗いと選別の作業をしてお昼ころまで作業をした。その間も小雨が振り続けていた。コンテナに入っている銀杏を足で踏み続けている間は温かったけれど座って選別をしているとズボンも濡れていたこともあり徐々に寒くなってきた。

作業を終えてお昼を頂いたら昼寝をしてシャキっと目覚めて午後の作業へ。

午後は収穫。ピーマン、万願寺唐辛子、ナス数本、なた豆、ゴーヤ、夕飯用にパプリカを採ったら一旦置きに戻って、次は地這いミニトマト、雨が降っていたけれど今日は爆ぜることなくキレイになっていた。雨が降ったからといってすぐに爆ぜることもないのかな?

あとはすだちとポポー。すだちはまだまだたくさんある。ポポーは地面に落ちてようやく収穫できる。毎日たくさん落ちるわけもないし、足が早い、毎日採りに行けばまた話は別だけれど消費者が食べられる期間はとても短い。

収穫を終わらせたら袋詰やなんかをしていく。

作業を終えたら、夕飯作りをしてご飯を食べて風呂に入って、とあっという間に寝なければいけない時間に。

朝から加速していく時間の感覚を眠ることでリセット。そして明日も早起きすることは決まっている。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kazuki

サルサLOVER→農業研修生
赤石家のカズです。
2022年3月から農業の研修を開始!
誰かの役に立つかは分からないけど、困ってる自分を助ける。
他のだれかも同じことを思ってるかもしれないと思いながら。

-百姓日誌
-,