百姓日誌

福津農園 Day196 豊橋有機農業の会 朝市 その33

10月28日(金)晴れ

今朝は5:00に目が覚めて、中動態の世界の最後らへんスピノザの哲学に見る中動態がサルサ(リードとフォロー、あるいはリーダーとフォロワーと表現されるものについて)のなかにも見えるんじゃないかと思って、もう一度読み進めてどんな風に解釈したらいいのかと考えてみた。それについてはまたまとめて書いてみたい。少し走り書きをしてるうちに7:00になった。

朝ごはんを頂いて、コンテナを車に積んだら朝市へ出発。会場について政満さんの到着を待ち、到着してコンテナを下ろしだすと置くか置かないかまだ持っている最中から四方八方から手が伸びてくる。卵を下ろすのが一番怖い、アローカナの卵の争奪戦をピークに沈静化していく。降ろし終わったら会計を済まして空になったコンテナをさげたりしながら最後までゆっくりと過ごしていく。

終わったあとは会議があり、壁参加して話を聞く。来月11月23日には収穫祭がある。どんな感じになるのか楽しみだ。

終わったあとはなんだかんだとあり、ようやくお昼ご飯へ。台湾まぜそばを。ピリ辛で食べ終わったあとは顔が火照るほどだった。少し寒くなってきた今の季節にはちょうど良かった。

食後のコーヒーはYAHITO COFFEEへ。妻のお気に入りらしい。ホットコーヒー、カフェラテと旬の終わりの栗のタルトを注文。

美味しいコーヒーを飲み終わったらすっかり夕暮れ。帰路につく。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kazuki

サルサLOVER→農業研修生
赤石家のカズです。
2022年3月から農業の研修を開始!
誰かの役に立つかは分からないけど、困ってる自分を助ける。
他のだれかも同じことを思ってるかもしれないと思いながら。

-百姓日誌
-,