百姓日誌

福津農園 Day89 スイカ、メロン、トマト、ジャガイモ、サツマイモ、ゴマ、色々やりました。

6月28日(火)晴れ

今週は「暑い」という言葉がつい出てしまう。夜は縁側の扉を網戸にすると涼しい風が入ってきて日中の暑さには悩まされずにぐっすり寝られる。

朝はいつもどおり鶏のお世話から。鶏たちも暑くていつもよりも水を飲んでいる。口が開きっぱなしだし、羽を広げて歩いたりしていると妻が気づいた。人間も鶏も暑いと同じ様な行動になるらしい。

日陰で草を刻んで。

お世話が終わったら、まずはスイカのキャップを外して、鶏糞をあげたらネットに替えていく。

次は、メロンの方もキャップを被っていたものを外して鶏糞をあげて、ついでに芽も取る。

その後にネットを掛けておく。

その隣のトマトの下の草がかなり伸びていたので草刈りをする。

空芯菜もかなり伸びてきた。

カボチャもいつの間にか広がってきて、葉っぱの数が増えていた。

午前中の作業はこんなところで終わり。体の中の水分がすべて入れ替わるんじゃないかと思うくらい汗をかいて、そこに新しい水分補給。ビショビショの服たちを外に乾かして、ご飯を食べたら15:00の作業開始まで休憩。

少し日が傾いて、じゃっかん暑さが和らいだか…気のせいか。午後の作業はまずはジャガイモ掘り、以前残しておいた「にしゆたか」を収穫していく。やっぱり暑さ衰えず、汗が滴り落ちてくる。

ジャガイモを掘った後にそのままサツマイモを植えていく。「紅はるか」がまだ残っていたのでつるを切って、米袋を開いて敷いてそこに刺していく。3列30株くらいずつ植えた。

次は、プランターに移植したままになっていたトマトを草むらの中に植える。6株あったので2株づつに分けて、3箇所に。場所は安納芋や鳴門金時を植えた畑の西側。

そのまま上の畑に行って、少し残っていたジャガイモを収穫。1週間ほど前に蒔いたゴマが綺麗に芽を出していた。大きくなってきたら間引きをしていく。

明日も暑さに気をつけていこう。早く寝て体力を回復させなきゃな。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kazuki

サルサLOVER→農業研修生
赤石家のカズです。
2022年3月から農業の研修を開始!
誰かの役に立つかは分からないけど、困ってる自分を助ける。
他のだれかも同じことを思ってるかもしれないと思いながら。

-百姓日誌
-, , , , , , ,